最愛の敵

最愛の敵〜王たる宿命〜【韓国ドラマ】相関図とキャスト紹介!あらすじ感想も

<strong data-recalc-dims=キラリ” width=”80″ height=”80″>
キラリ
こんにちは、キラリです!

こちらの記事では、

最愛の敵〜王たる宿命〜【韓国ドラマ】の

・あらすじ
・予告動画
・相関図
・キャスト
・感想

についてまとめています^^

韓国ドラマ【最愛の敵〜王たる宿命〜】は、朝鮮時代を舞台に、それぞれが生き残るために戦いを繰り広げる政治ロマンス劇です。

元人気ボーイズグループMBLAQのボーカル。

サイコパスや悪役の演技が大好評だった、ドラマ『カプトンイ』や、『プルガサル』に出演したイ・ジュン。

170cmの長身スタイル美女。

ドラマ『知ってるワイフ』や、『スタートアップ』に出演したカン・ハンナ。

瞬間視聴率41.9%を記録した大人気ドラマ『チュノ~推奴~』で主演を務めたチャン・ヒョク。

真っ赤に染まった心が、どんな形で現れて終わりを迎えることになるのでしょうか。

これより、あらすじ・予告動画・相関図・キャスト・感想とまとめて紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね^^

最愛の敵〜王たる宿命〜【韓国ドラマ】のあらすじ

朝鮮の第12代王のイ・テ。

ソンジョン王の息子です。

1506年、反正功臣たちは朝鮮の10代国王を廃位し、ソンジョンを第11代王に即位させました。

反政府を率いた政局功臣の左議政のパク・ゲウォンの助けで王を退けて、ソンジョンは新しい王朝の王になったのです。

そして、反乱後、 父親の後を継いでイ・テは王になりました。

忍耐心だけは強く、いかなる行為であっても正当だと考えるイ・テ。

王権を強化して、絶対君主として統治したいと思っています。

一方、パク・ゲウォンはその考えに反対。

そのためイ・テは、パク・ゲウォンと功臣たちをこの地から消すことを目標に行動しています。

そんな中、出会った貴族の娘であるユジョンと惹かれあい恋人関係へ。

ユジョンを自分の妃にすることを考えていたのですが、そのせいでユジョンの家族は宮廷での激しい権力闘争に巻き込まれるのです。

さらに、愛するユジョンと離れなければ生き残ることができないイ・テ。

そして、命を守るために王妃になるしかないユジョン。

政敵として互いに剣を抜き合うことになるのです。

最愛の敵〜王たる宿命〜【韓国ドラマ】の予告動画

最愛の敵〜王たる宿命〜【韓国ドラマ】の相関図

出典先:namu wiki

最愛の敵〜王たる宿命〜【韓国ドラマ】のキャスト紹介

イ・ジュン:イ・テ役

 

この投稿をInstagramで見る

 

lovely(@lovw78)がシェアした投稿

朝鮮の第12代王。

ソンジョン王の息子。

忍耐心だけは強いイ・テ。

聖君になるつもりも素質もありませんでした。

イ・テの目標はただ一つだけです。

王権を強化して、パク・ゲウォンと功臣たちをこの地から消すこと。

その目標のためであれば、いかなる行為であっても正当だと考えるイ・テ。

すべてがイ・テの計画どおりに流れているように見えましたが、ユジョンに出会い、計画が揺れ始めるのでした。

 

主な出演作品
  • プルガサル
  • 適齢期惑々ロマンス
  • キャリアを引く女
  • ヴァンパイア探偵
  • 風の便りに聞きましたけど!?
  • ピノキオ
  • Mr.Back
  • カプトンイ
  • アイリス2
  • ファントム  
  • 美男<イケメン>☆スター誕生
  • 天女がいなきゃ?!
  • サラリーマン楚漢志(チョハンジ)  
  • ジャングル・フィッシュ2

両親と姉の4人家族で、本名はイ・チャンソンです。

MBLAQとしてデビューする前の2008年からテレビショッピングのモデルをしたりしていました。

2009年の映画『ニンジャ・アサシン』で、ピ/Rainの子供時代を演じてハリウッドデビューもしています。

その後、MBLAQとしてデビューしたイ・ジュン。

活動当時はボーカルとメインダンサーを担当していました。

2014年に芸能事務所の契約が満了したことでMBLAQを脱退。

脱退以降は俳優として活動をしています。

ドラマ『カプトンイ』でサイコパスの役を演じて、演技力に定評がありました。

カン・ハンナ:ユジョン役

チュクリム県の実質的には首長です。

貧しい人たちを見ることができなかったため、竹で菜食を作って商売を始めたユジョン。 

特有の大胆さと優れた知恵で商売をしています。

いつもユジョンの周りには人が溢れている状態。

商売をして得たお金で功臣たちの周辺を探索し、悔しく処刑された父親の濡れ衣を晴らすのです。

 

主な出演作品
  • スタートアップ
  • 知ってるワイフ
  • ただ愛する仲
  • 麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~
  • 魔女宝鑑
  • 我が家のロマンス
  • ミス・コリア

両親と2人の姉の5人家族。

5歳の時からバレエを始めて中学校2年生の時まで世界的なバレリーナになることが夢でした。

生まれつき柔軟な体でもなく、ストレッチングも難しいと身体に限界を感じながら夢を諦めたそうです。 

最善を尽くした結果できなかったということで、未練は残っていないとか。

バレエを諦めた後、将来について悩んでいた時期に演技をしてみるのはどうかという母親の勧めで高校2年生の時に演技塾に登録。

初めて演技に足を踏み入れることになりました。 

この時から演技という魅力にすっかりはまって演劇映画科に行くために入試準備を始め、2年間の努力の末に中央大学の演劇学科みごと合格。

学生時代に数十編の独立映画に出演しながら経験を積んでいったカン・ハンナ。

デビュー後、古典的で端麗な美貌のおかげで、時代劇ジャンルによく似合うという評価がとても多いのです。

ドラマや映画出演だけではなく、バラエティ番組にも出演して人気を集めているハンナ。

チャン・ヒョク:パク・ゲウォン役

 

この投稿をInstagramで見る

 

santamarusu(@santamarusu18)がシェアした投稿

左議政。

反政府を率いた政局功臣。

現在朝廷を掌握した絶対権力者です。

ねじれた独裁者。

二度と暴君によって朝鮮を疲弊させることをしないようにしたいと思っています。

イ・テが自分に隠す巨大な隙間があったことに気付くパク・ゲウォン。

 

主な出演作品
  • 見た通りに話せ
  • 王になった男
  • バッドパパ
  • 油っこいロマンス
  • 最高の一発  
  • ボイス~112の奇跡~
  • ビューティフル・マインド
  • プロデューサー
  • 輝くか、狂うか
  • 運命のように君を愛してる
  • アイリス2
  • 根の深い木
  • マイダス
  • チュノ~推奴~
  • いかさま師
  • 不汗党(プランダン)
  • ありがとうございます
  • 大望
  • 明朗少女成功記
  • ワンルンの大地
  • 日差しに向かって
  • モデル

釜山で生まれましたが、小中学校はソウルで大学は釜山と学生時代はソウルと釜山を行ったり来たりしていたチャン・ヒョク。

本名はチョン・ヨンジュンです。

1999年に放送された『学校1』で、注目を浴びました。

2000年には歌手活動の経験もあるチャン・ヒョク。

TJ(Team &Jang Hyuk)という名前でアルバム2枚を発売。

2008年に2歳年上の女性と結婚して3人のお子さんがいます。

ドラマや映画はもちろん、数多くのバラエティ番組にも出演して活躍中。

受賞作品が多いベテラン俳優の1人です。

パク・ジヨン:チェ・ガヨン役

 

この投稿をInstagramで見る

 

@parkdelay_がシェアした投稿

大妃。

チェ・ガヨンの権力は朝廷と王室を思う存分使えるほどなんです。

初めて恋心を抱いた相手がパク・ゲウォン。

夫婦の縁は結ばれませんでしたが、政治的同志として同じ道を歩んでいることだけでも幸せだと感じています。

ホ・ソンテ:チョ・ウォンピョ役

 

この投稿をInstagramで見る

 

허성태(@heosungtae)がシェアした投稿

兵曹判書。

武人一家の子として生まれました。

世の中が認める実力者で、いつも周りに人が絶えません。

反正功臣の仲間入りを果たして、うなぎのぼりのチョ・ウォンピョ。

チェ・リ:チョ・ヨンヒ役

 

この投稿をInstagramで見る

 

최리(@choicherry_)がシェアした投稿

チョ・ウォンピョの娘。

華やかな美色の持ち主。

権力者の娘であり、権力者の妻として平坦に生きる人生でした。

イ・テに出会って平坦な人生が変わっていくのです。

ハ・ドグォン:チョン・ウィギュン役

内官。

真面目な性格。

非常に、積極的な武人でした。

そんな彼がどんな理由で内官になったのかは謎なんです。

アン・ネサン:ソンジョン役

イ・テの父親で、朝鮮の第11代王。

天性が慈愛に満ちて穏やかです。

王としては弱かったものの、一家を守るためには何でもできる強い父親であり夫でした。

実権のない王として生涯を終えるのです。

ウ・ミファ:イニョン王妃・シン氏役

イ・テの母親。

良い妻であり良い母親で、ソンジョンとイ・テの精神的な支えとなりました。

実家が廃主の臣下だったため、夫のソンジョンが即位した後、罪人の娘という理由で脅かされたのです。

悩まされ続けるイニョン王妃。

ユン・ソア:トングム役

兵曹判書の家で働いています。

誰かにとっては不必要で、誰かにとっては金のような女。

生まれた時から両親がいませんでした。

住み込みで働いていましたが、ある日、追い出されてしまうトングム。

その時、助けてくれた人がユジョンだったのです。

その後、トングムにとってユジョンは恩人であり親のような存在。

ユジョンのためなら何でもできます。

リュ・スンス:イム・ジンサ役

 

この投稿をInstagramで見る

 

npio entertainment(@npioent)がシェアした投稿

豪快な性格で愛民精神が深いです。

良い官僚になる資質を持っていましたが、友人だったソンジョンが即位すると、血風が吹く朝廷を避けて地方へ行ってしまいました。

そんな中、ソンジョンの意外な頼みでユジョンを保護したイム・ジンサ。

ユジョンと出会ったことによって、商売の道を歩むことになるのです。

チョ・ヒボン:マ旦那役

情に厚い一家の家長。

息子が4人います。

小作農の身の上なのでいくら仕事をしても、いつも暮らし向きが厳しかったマ旦那。

ユジョンに出会い、子供たちにお腹いっぱい食べさせることができました。

なので、ユジョンのことは何があっても避けることはしません。

イ・テリ:パク・ナムサン役

 

この投稿をInstagramで見る

 

이태리(@tae_rii_)がシェアした投稿

パク・ゲウォンの一人息子で司憲府の令長。

正しい人間の道に沿った穏やかなタイプ。

尊敬し奉る父親であっても、権力に対する渇望まで受け入れることはできませんでした。

そのため、パク・ナムサンの人生は常に混乱の連続。

王に忠誠を捧げなければならないのですが、王権を牽制しなければならないのです。

そして、父親を尊敬していますが、その不正を監視しなければならないパク・ナムサン。

ソ・ユジョン:ユン氏役

パク・ゲウォンの妻でパク・ナムサンの母。

家門のために三種指導を仰ぐのが女性の道理だと考えるユン氏。

厳格で慎重な言動で常にきちんとした姿勢を維持しています。

夫と家門のためなら喜んで恋敵に頭を下げて尽くすことができるユン氏。

チョン・ヨンソプ:パク・ソンベク役

五衛都摠府。

パク・ゲウォンとは遠い親戚。

それでもパク氏の姓を持ったおかげで、何とか上手くやってこれたのです。

パク・ゲウォンの後援で武官になりました。

パク・ソンベクにはパク・ゲウォンが世の中の全てで、正義だと思っているのです。

カン・シニル:キム・チウォン役

弘文館の大帝学。

清廉潔白で竹のような理想的な朝鮮の官僚。

規範の価値を追求し、名分論を信奉する徹底した性理学者です。

常に先頭で戦うことをためらわないため、イ・テとパク・ゲウォンの両方の牽制を受けながらも、三使の役割を拡大しているキム・チウォン。

言論を守る真の三使の首長らしく、権力の前で沈黙してはならないと固く信じて、そのように生きてきました。

チャ・スンベ:ホ・サンソ役

内侍府使。

イ・テを東宮殿から仕えた王であり、現在大田の商船でイ・テの権力者です。

権力の行方によってのみ動くホ・サンソ。

力のない王室より強力な功臣側に立ちます。

自任してイ・テを監視し、左議政の細作役をしているホ・サンソ。

他の権力者が誕生すれば、誰よりも早く走って伏せる機会主義者。

チョ・ヨンフン:チョ・サヒョン役

 

この投稿をInstagramで見る

 

조영훈(@joyounghoon)がシェアした投稿

兵曹佐郞でチョ・ウォンピョの息子。

父親に対しては、よく親孝行をします。

後先を考えずに突き進むタイプ。

チョ・サヒョンには家門と父親の言葉が絶対的なんです。

パク・ジア:ハン尚宮役

大妃の至密尚宮。

イ・スンフン:ノ・ギョンムン役

【画像準備中】

左賛成。

パク・ゲウォンと政治的に同じ道を歩む助っ人です。

パク・チビン:イ・テ役

 

この投稿をInstagramで見る

 

박지빈(@impactorpjb)がシェアした投稿

少年時代

シン・ウンス:ユジョン役

少女時代

最愛の敵〜王たる宿命〜【韓国ドラマ】の感想

韓国ドラマ【最愛の敵〜王たる宿命〜を視聴した方の感想をみていきましょう^^

最愛の敵 王たる宿命。
1話で王道かなと思いきや、2話で俄然面白くなってきた…
やばいこれはめっちゃハマるやつ…続きが気になる♪
主演のカン・ハンナの友達役が豪華すぎる!
社内お見合いヨンソのいとこ役ソヘウォンと、わかっていてもジワン役のユンソア!
最愛の敵 王たる宿命。
最愛の敵。
史劇が苦手な人におすすめしたいのが、漢字をあえて読まずにそのまま進めるのがコツです(たぶん違う)赤い丹心
「最愛の敵 王たる宿命」1・2話を視聴。
初回から人間関係と官職が複雑に絡んでいて、構成を理解するのに難しかった。
ただ、自然の風景を映す映像美や舞台美術が良いので今後注目。

※この記事の情報は2022年5月時点のものです。